どんなあなたも大好きだよ。

うまくいかないとき、

「今までのはなしね!今からがはじめ」

そんなずるチックなやり方で(笑)

小さく気持ちを盛り上げながら過ごしてきた。

このやり方なかなかかいけるよ😁

 

毎朝『今日からが始まり』

そんな気持ちで朝をはじめる。


f:id:moonlightmagic:20181020095502j:image

 

先日久しぶりに朝日を見に海へ行った。

日の入り時刻が6時を過ぎたため、朝の苦手なわたしにも、日の出を見るチャンス到来の時季を迎えた。イエイっ!

静寂。

背筋がピンとなるようなブルー。

青好きな私の更にど真ん中なブルー。

お日様のお顔は見れなかったものの、海も空も最高すぎる。。


f:id:moonlightmagic:20181012144534j:image

いつものように夕空散歩。

曇り空。

空は焼けなかった。見上げると一面ブルー、ブルーモーメント。

静かな空。

 

ワンちゃんのお散歩でたまに一緒になる方が通りすがりに、

「今日は焼けんかったね。残念」

といって過ぎていった。そのとき私はふと。。

「いやいや、私は空が好き。どんな空も好きなんだよね」と思ったのだ。

なぜかそのとき家族のことを思い出し。。

子供たちのこと、旦那さんのこと、父のこと、母のこと、大切なお友達のこと。。


f:id:moonlightmagic:20181018112116j:image

(ブルーモーメントの空。。)

 

f:id:moonlightmagic:20181012144548j:image

私は大好きな人の

どんなところも大好きだ。

瞬間的にやだなと思う部分はあっても、

こんなあなたも、そんなあなたも、どんなあなたも大好きだ。

 

安心して。

どんなあなたも大好きだよ、わたし。

 

嫌われたくないから、嘘をついたり取り繕ってしまったり、相手に合わせたり。それは一概によくないことというので縛ってしまうのは違う気がする。だけど、自分の心を殺す的なことはすぐさまやめたほうがいい。

しんどいやん。

 

 

「お散歩の帰り道、お母さんはどんな君たちも大好きだよって思いながら帰ってきたんよね。」

とわたしがいうと、

 

息子くん「僕はとっても優しいお母さんのことも、ちょっとボケて面白いお母さんのことも大好きよ」って。

 

そして娘ちゃんはニヤニヤしながら

 

娘ちゃん「うんうん、私もおボケなお母さん大好き!!」

といってくれた(笑)

 

私がどんなあなたも大好きと言う前に、家族がどんな私も受け入れてくれている。


f:id:moonlightmagic:20181012144631j:image


f:id:moonlightmagic:20181012144700j:image



f:id:moonlightmagic:20181012144735j:image

どうかな?

めっちゃ綺麗でしょ?


f:id:moonlightmagic:20181012144801j:image

爆発寸前の爆弾のようなものを私は抱えていた。

みんなそれぞれにストレスを抱えていて辛い状況なのだけど、わたしを含めてみんな目を覚ませよって気持ちでいっぱいだった。

がしかし(笑)

父が再入院したことで、事態が急変した。


f:id:moonlightmagic:20181012144817j:image

円満にというのは言葉が違う気がするけど、温かく暮らしていくには、

『意思表示』と『心を込める』

義務や義理ではなく、そこに『愛』はあるかい?ということ、素直に自分の意思表示ができるかが重要な気がする。

人の気持ちはほんとのところはわからない。

ささいなことで、怒ったりけんかしたり。。だけど、その奥底にはきっと何かある。

計り知れない不安だたっり、ストレスだったり、トラウマだったり。それが怒ったり、暴言みたいな態度につがってしまう。単に悪態ついているだけかもしれないけど(笑)

いま、こういう気持ちでいるよとか、こうしてほしいよってことを素直にいえると事態はよりよい方向に好転する!

もしかしたら、心配させないために我慢していることかもしれない。だけど、できるだけわかち合える、歩み寄れる方向であればよいなと思う。

 

こんな状況でも両親は口げんか?になる。。

みんなストレスがすりきれ満タンだから、ささいなことですぐに溢れる。

今の私はほぼ感謝。。

お洗濯が山になっていても許してくれる家族(畳んでくれたらベスト  笑)

ご飯を食べようとしてくれてる父に。

山のような仕事も父の看病?もこなす母。

 

けんか?ないわー。1つの方向にみんなで向かってるのにね。だけど、満タンなんだよね、きっと。

 

さきほど大学病院の先生もこられて、今後のこと、今の状況の説明をいただいた。

父には私の言葉でもう一度その状況を伝えた。

 

もっともっと自らがガンガン行動で示していきたい。

まずは私が変われ!どうかわればよいのかな?悩んでたけど、『まだまだ行動が足りなかったみたいだよね、わたし』と思ってから、頑張る私をちょっと好きになった(笑)

 

この状況、どうやったら和らいでいくのだろうか?

 

 


f:id:moonlightmagic:20181012144858j:image

 

思うようにならないのが人間。

思うようにならないからこそ面白いのが人生。


f:id:moonlightmagic:20181012144916j:image

空でつながっていたいな。。

 

 

今日は大切な話があった。

父は少しボケているのか、なかなか理解ができなかったみたいだけど、理解できたとたん、少し自信をなくしてしまったようだ。

 母も疲れている。

私はいま、どうしたらよいのだろうか?

 

 

私は本当に弱虫だ。

いつまでたっても悲しみがやまない。

 

心を込めてご飯を作るというは、こういうことをいうのだな。この気持ち忘れちゃダメ。

心を込めて作ったごはん、食べてくれてありがとうの気持ち、これも忘れちゃダメ。

 

 

「お母さんが笑顔になれなくても、おじいちゃんを笑顔にすることはできるやろ!」

と、娘ちゃん。それ私のいったセリフだ。。しっかり伝わっている。受け継がれている。そうだよ。自分が笑顔になれなくても、大切な誰かを笑顔にすることはできる。それが自分も笑顔になる一番の近道だよね。。

 

明日は何を作ってもっていこうかな?

 


f:id:moonlightmagic:20181016201422j:image


f:id:moonlightmagic:20181016201451j:image

 

昨日の空。

気づける心

気分が落っこちても、闇ばっかりじゃないということに気づける心でありたい。

無理に元気を出そうとしたり、明るく振る舞ったりはしないよ。

だけど、落っこちたまんまでも、前は向きたいし、キラリと光るものには目を向けたい。

面白いことがあれば笑いたい。


f:id:moonlightmagic:20181014105905j:image


f:id:moonlightmagic:20181014105917j:image


f:id:moonlightmagic:20181014105927j:image


f:id:moonlightmagic:20181014105944j:image


f:id:moonlightmagic:20181014105957j:image

心地いい。

日射しも風も光も気持ちいい。

水面に映った真っ白い雲がとーっても眩しい。

 

 


f:id:moonlightmagic:20181014110008j:image

 

また夜に☆

 

人間ってそう簡単に変われるもんじゃない。

この状況を変えたければ、自分が変われ!

わたし、どう変わったらよいのかな?

みんな目を覚まして。もちろんわたしにも言い聞かせてる。

わたし、近々爆発しようかな?

でもそこに愛はあるの。

伝わるかな?伝わってほしいな。

 

 

 

決めつけてはいけない。。

よいと悪いは背中合わせ。

そして大好きがあるから大嫌いもある。。

実は境界線ってないのかも。

 

ここ何年か、父が命に関わる病気で入退院を繰り返しているのだけれど、病院の帰り際、「帰ってくるね。また明日っ」って父の手をギュッと握る。するとギュッと握り返す父。こんなことがない限り父の手を握ることなんてなかったはず。温かい手。

父の再発がわかったとき、『いつも真剣な話』はしたがらない父に、今後について私の気持ちを心を込めて話しをした。父が突然嗚咽をもらして泣いたことに私は驚いた。父が泣いているところを見たのは、私が小4の時祖父がなくなった日の朝、目頭をハンカチで押さえていたのを見て以来だ。。

会話もそう、母とは話すことはあっても、父とは語り合う的なことはまずうちではあまりない。面白おかしい雑談と父の一方的な決めつけた話を聞き流すくらい(笑)

「人の気持ちなんて本当のとこはわからない。お父さんがしんどいっていってなにもやりたがらないのは、ただの怠惰だと思っていたけど、違っていたみたいやね。ごめんね。言葉にしてくれな伝わらないことが多いんよ。これからはできるだけ意志疎通して、いがみ合うのではなくなるべく笑顔で過ごしたい、それだけなんよね、私は。お母さんは私に愚痴をいったりすることもできるけど、お父さんはできんもんね。。。」

そんな話をした。

 

人生ってうまくバランスがとれているのかも。人間生活でごく稀に、心底腹をたてるときがある。もうかなりかなり腹が立つとき。

そんなときは、いつも天に任せる。

ひどいことしたら、いつかあなたにきっと返ってくるだろうって。怒ることをやめる。

私だって同じ。何か心ないことをしたら、いつか自分に返ってくるのだ。

 

f:id:moonlightmagic:20181006233021j:image

父は治療をはじめた。

はじめの二、三日は調子がよかったけど、三日目辺りから吐き気。食欲もない。。とっても苦しそう。

でも昨夜はベットではなく、ソファに座っている姿がみえた。

『希望』に向かってみんなで歩んでいる。

お母さん曰く、背中をさすったときに背中の腫れがひいている気がするって。主治医の先生に聞いたら、そんなに早く効果はでない的なことを言われたらしいけど(笑)それはわからない!

今までの経験や思い込み、人づてできいた話、固定概念で物事を判断するのは危険。

今までもそうやって、当たり前に思っていたことを破壊して、新しい概念が更新されている。

父の再発もそう。早期に症状を訴えていたけど、手術痛だから大丈夫、肋間神経痛だと思う。違っていた。

人を疑うって話ではなく、一旦「これは?」と疑ってみることは、とっても大切だと思う。自分自身で納得することだ。

とにかく何事も決めつけない。人の気持ちもこうだろうなんて決めつけたりしてはいけない!!

相手に対してこうだろうと決めつけた気持ち、たぶん違うよ。人の気持ちは本当のとこは、わからない。

わかりたいっていう思いやりは大切で、思いやりあらば、まずは決めつけないからはじめなきゃ。

 

私も自分自身そういう気持ちを胸において、その都度自分に語りかけたい。

「決めつけてないですか?」


f:id:moonlightmagic:20181006233032j:image

 

f:id:moonlightmagic:20181006233049j:image

相変わらず弱っちい私は夕空に夢中になっているときは一瞬無になるのだけど、空が綺麗だったほど切なさが溢れて、1人泣きながら帰る。心の準備?そんなことできません(笑)

今はこの瞬間に心を込めるだけ。

 

悲しかったら泣く。

笑いたかったら笑う。

 

今日お父さん、退院予定だったけどできるのかな?食欲がなくって、だからかお声がまだかかってないよう。父は退院したい思いからか、夜、みつ豆を食べていた(笑)


f:id:moonlightmagic:20181006233059j:image

私はいつも空に助けられる。

すぅーっとすって、深呼吸~

ふぅーっとはいて、心呼吸


f:id:moonlightmagic:20181006233114j:image

自然ってほんと素敵すぎ。


f:id:moonlightmagic:20181006233135j:image


f:id:moonlightmagic:20181006233155j:image

 

 

 


f:id:moonlightmagic:20181009101521j:image


f:id:moonlightmagic:20181009101546j:image

昨日の夕空はあまりに綺麗だった。

私の写真の腕ではちょっと表現は無理(笑)

脳裏に焼きつけた。

すれ違う方といつもはすれ違い様に会話をかわすのだけど、昨夕はあまりに綺麗で立ち止まって話していた。

 

「これね、太陽が沈んだ後がまた綺麗なんですよ。雲が焼けてすごいんです。いま、かわりかけてるでしょ!どんな風に変わるのかなって想像しながら楽しんでるんでよー」

 

女性

「そうなんやね~。ねぇっ、本当に綺麗。私、今まで大切なものを忘れてた気がして後悔やわ。」

 

「いやいや、気づいた今からですよ~😄これからですから😁」

女性

「ありがとう😄」

この女性、まだ名前も知らないのだけど(笑)とっても可愛い人。

遠くに私を見つけると大手をふってくれる。

私も嬉しくなって、ジャンプしながら大手を振り返す。可愛い人大好きだ。


f:id:moonlightmagic:20181009101617j:image


f:id:moonlightmagic:20181009101638j:image

 

 

本当に綺麗に焼けた。。

 

空は繋がっているかな。。

 

 

 

 

 

人生、泣き笑い。

私は今、私史上、きっと最大の悲しみに包まれていて、そして、もしかしたら最高の幸せな時間を過ごしているのかもしれない。

ありふれた日常に、笑顔があって、大好きな人たちの笑顔を見るだけで幸せな気持ちが溢れてくる。

ご飯が食べれた、痛みに顔が歪まない瞬間があった、普通に歩けた。そう、当たり前にできること、存在してくれていること、それだけで嬉しい。

今までも、そんな小さな幸せに感謝することはあったけど、それがキラキラ輝いてみえることなんてなかった。1人1人の優しさや思いやりが折り重なって、温室のようにポカポカしていて心地いい。

時間よ止まれ!そんな気持ちになる。

幸せってこういうものなんだと思う。

私の感じる幸せはこういう感じ。温かくて優しい、この感じ。


f:id:moonlightmagic:20180929082919j:image

父の病気が再発した。早い。。

そして突然先生から告げられたのは最悪のシナリオだった。骨への再発はかなり痛みを伴うようだ。痛みをこらえる父の姿を見るのはキツイ。。だけど、本人が心身ともに一番キツイはず。

もう治療ができないという暗闇。。

とにかく一人になると泣いた。夕空散歩の帰り道、暗闇の中泣きながら帰った。


f:id:moonlightmagic:20180929082931j:image

最悪なことを考えてしまっているとき、ぐるぐると後悔みたいなものが回り始める。

あのとき。。あのとき。。

私は自分の人生に後悔のないよう、心を込めて暮らしているつもりでいる。

こんな私でも、いざとなると後悔が渦巻く。

だから、

「ありがとう」とか、「ごめんなさい」とか、「大好きだよ」とか、誰かになにか伝えたいことがあるならば、今だと思う。

唐突だって、後れ馳せながらすぎたってかまわない。

人生の忘れ物になるかもしれないものが、宝物に変わるかもしれない。

今すぐに伝えよっ。今すぐに。。

そんなことを思った。


f:id:moonlightmagic:20180929083035j:image

 

土曜日、大学病院の方の主治医の先生がいらっしゃり、父の顔を見て今後を話すことになっていた。

そこで『希望』という文字が再浮上したのだ。治療ができる!その治療方法については賛否両論、よいのか悪いのかはやってみないことにはわからない。だけど、『希望』があるということの大きさは底知れぬものだった。

それから確実に父がかわった。表情から、見た目での病状の変化、気力が湧いてきた感じだ。

『希望』って人が生きていくうえで、とても重要で不可欠なものなのだなと再認識した。

希望の光は眩しかった。

 

明日、父が自分で決めた今後を、先生にお話することになっている。そこからのスタートだ。

父はどうするのだろうか?


f:id:moonlightmagic:20181001005247j:image

 

 

そうそう、

昨日、実家から自宅に戻ったら。。なぜか娘ちゃんが私の結婚式のビデオを見ていた(笑)

旦那さんは恥ずかしすぎるといって、寝室にいってしまったようだ(笑)もちろん私も恥ずかしすぎる(笑)

そして、「じいちゃんが若いし元気だ」って、号泣していた。

それで思い出したのだけど、結婚式は教会?式で、はじめは父親とバージンロードを歩くのだけど、なんと!!父は。。。バージンロードへの扉が開く直前、ブーーっと大音量のオナラをしたのだ(笑)

「もー、おとーさーん」

笑が止まらなくなりそうだった思い出。。

うちの父はほんと「もー、おとーさーん」って人(笑)面白いというか。。(笑)可愛いげのある人だ。

それを母に伝えたら、涙を流して笑っていた。父はその話を聞いて、

「オナラ?!おまえがやったん?」

おどけた顔で、わかりきったおとぼけをかましていた(笑)母はまた笑っていた。

私がするわけないやんかー(笑)


f:id:moonlightmagic:20181001005608j:image

泣くことはあっても、最高と思える今日を積み重ねていきたい😄

f:id:moonlightmagic:20180929083108j:image

前にも同じようなことを書いた気がするけど、私は不安や絶望でいっぱいになったとき、一頻り考えたらすぐに『いつか晴れるだろう空』へ立つ準備をする。晴れるって疑わない。なぜって自分がそう願っているから。。

 

人生は心持ちしだいだよ。

 

晴れた空の下、笑顔で立っていたい。

 


f:id:moonlightmagic:20180929083136j:image

 

空は繋がっているよ。

 

今日はお花を飾ろう。

心の整理なんてできそうもない。

できるはずが、ないじゃない。

 

たぶん、一番つらいことだよね。

大好きな、大切な人が死ぬかもしれないってことが。ここ何年でこの辛い気持ちに何度陥ったのだろう。ただ、今回が一番辛い。

 

人生色々あるけれど、やっぱりこれが一番辛い気がする。

何時間たっても、涙がにじんでくるんだ。

 

辛いよ。

強がってなんていられないよ。

おもっきり泣く。

かれそうにない涙がかれるまで。

前を向かないわけではない。

だけど、悲しみをこらえることなんてできない。泣く。おもっきり泣くんだ。

みんなの前でも泣く。いっぱい泣く。

だってお母さん、悲しいんだもん。

ごめんね。

でも、しっかり前を向くよ。

 

人生何が起こるかわからない。

今日は泣く。

明日笑えるかもしれないけど、今日泣くの。

 

かれそうにない涙がかれるまで。

 


f:id:moonlightmagic:20180926084103j:image


f:id:moonlightmagic:20180926084127j:image


f:id:moonlightmagic:20180926084146j:image

(スイミングスクール駐車場にて)


f:id:moonlightmagic:20180926084219j:image


f:id:moonlightmagic:20180926084235j:image


f:id:moonlightmagic:20180926084300j:image

(スイミング送迎後、スーパーの近くの定点スポットにて)

 

必ず私は前を向く。

なぜっていうと、これは父から受け継がれた性質。

前にもしも私が死んでしまったらという話をしたとき、娘がいっていた、

「私はいつまでもくよくよしないよ。だって私はお母さんから受け継がれたものを次に回さなきゃいけないから!」

といった言葉を思い出した。

そう、父から受け継いだもの、

思いやりと優しさ、

そして妙にポジションな性格(笑)

これをしっかり次に次の世代に繋げていきたい。

 

大好きなひとたちを

ギュッ抱きしめて暮らしたい。

そして、ぽっと明るい花を咲かせたい。

 

優しい風といい香りのする花と、

温もりを。

 

さぁ、枯れ木や乾いた土に

可愛いお花を咲かせましょっ。

 


f:id:moonlightmagic:20180926085255j:image


f:id:moonlightmagic:20180926085319j:image

 

昨日の雲、なんかすごかった。

今日はお花を飾ろう。

 

 

空は繋がっているよ。

 

明日結果を聞きに行くのがすごくこわい。

頑張れ、わたし。

 

 

 

 

最近、ずっと調子悪かったお父さん。

今日病院へいって、転移の可能性があるといわれたみたい。もう少ししたら、ちょうどたまたま帰ってきている弟と両親で病院へいく。

ちょっとその前に深呼吸。

泪がたまっちゃってるわ。まだ決まってないし。でも、キツイ。こういう瞬間は何時もキツイ。がんばれ、わたし。

生まれてきてよかったと思う瞬間。

父が心臓病やが○になってから、死についてすごく向き合った。

前にも書いたかもだけど、むかしから私は『死』というのがこわくて、紛らすために毎日楽しく、そして生きてる今を楽しもうという気持ちがある。

幼い頃、自分が死んで上(天かな?)それを見ている夢を見てこわくなったのか目を覚ました。横に寝ていた母に泣きながら夢の話をしたら、「まだまだ先の話だから、今考えなくていいよ。」といわれ、安心できなかったけど、母が横にいる安心感で眠りについた。

 

f:id:moonlightmagic:20180813091754j:image

商売をしていた我が家は景気や、色んなアクシデントによってほんとに辛い瞬間もあり、母はとても苦労した。だから、こんなに辛いんだったら死んだ方が楽になるであるとか、いなくなりたいとか思ったことも何度もあるんだそう。「死ぬのは怖くない」っていってた。だけど、母も父のこともあり、死と向き合わざるえなかった。死にたいというのではなく、現実に迫ってくる死について考えたら「死ぬのがこわい」って思うようになったらしい。


f:id:moonlightmagic:20180813070217j:image

私はお母さんになってから、少しこの恐怖がやわらいできた。。

娘ちゃんは毎日、

「ママ大好き」を何度もいってくれる。ぎゅうぎゅう抱きついてくる。「いま、ちょっとしんどいから待って」っていっても抱きついてくる(笑)

そのとき私は思う。そして、

「ありがとう。お母さん実は人間いつかは死ぬって考えたらこわいんだけど、それでもこわいなら生まれてこなかったらよかったっては思わんよ。生まれてきてよかったって思うよ。娘ちゃんと出会えたからほんとに生まれてよかったって思う」と娘ちゃんに私の本心を伝える。

小さい子にこんなダイレクトな話は辛気くさい?

娘ちゃんはニッコリ微笑み返して、また「ママ大好き」って抱きついてくる。

 

毎日そんなことを考えてる訳ではもちろんない。たいがい慌ただしくて、考える時間がない(笑)

 

私が生まれてきてよかったと思う瞬間。


f:id:moonlightmagic:20180813070154j:image


f:id:moonlightmagic:20180813070303j:image

これもめっちゃ綺麗な夕空。


f:id:moonlightmagic:20180813070316j:image


f:id:moonlightmagic:20180813070337j:image


f:id:moonlightmagic:20180813070413j:image


f:id:moonlightmagic:20180813070428j:image

さてー、明日は息子くん中学生最後の運動会。いま、12時すぎ。4時に起きてお弁当づくり。

なんとっ、騎馬戦、上に乗るという。。。

その人選ヤバくないかい?(笑)


f:id:moonlightmagic:20180813091708j:image
小学校のときは、市内一番の駿足だったのだけど、部活できなかったから、何人かには抜かれちゃってちょっとガックリしてた。

でも、三年間コツコツと鍛えてきた人と同じ土俵は難しいよね。それより楽しんだもん勝ちだよ。

不思議なことに、どこかズッコケな彼は運動会でヒーローなんだよね。お母さん的にはびっくりで、そして笑える。。そして、そして嬉しい。ダンスはヤバいだけど(笑)

 

明日は楽しい1日となりますよう。

みんな怪我はしませんように。


f:id:moonlightmagic:20180813070445j:image

お弁当、仕込みOK!!


f:id:moonlightmagic:20180813070500j:image


f:id:moonlightmagic:20180813070520j:image


f:id:moonlightmagic:20180813070545j:image

寝坊しないでよ、わたし(笑)


f:id:moonlightmagic:20180813070600j:image

おやすみなさい。


f:id:moonlightmagic:20180813070616j:image

 

空はつながっているよ。