読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャームポイントへの変貌

今を一生懸命積み重ねる、先のことも昔のことも考えることもできない不器用なタイプの私だけど、突然昔のことがフィードバックされるときがある。

昔、私のことを好きだといってくれた人に、

「私のどこが好きなんですか?」と尋ねたら、

「前に付き合っていた人はたとえば、家から外出しようとしたときに、エレベーターの前で先に下のボタンを押して待っていてくれる、先に先に準備をしてくれるような人やってん。もえちゃんは、エレベーターの前にたってボーッとしてるような人。僕自身も先に先に準備するようなタイプで、同じ役割はいらんねん。だから、もえちゃんのことが可愛くて仕方ないねん」
・・・・・(´д`|||)
8つ上の彼がそういったことに対して私は、私のことをなんにもわかっていないな。。私は先に先に準備する、なんならエレベーターの下ボタンをはやくくるように、連打して待つタイプなのに(笑)
そう思った。。

月日はかなり流れ、その方とはご縁はなかったのですが、今思うこと。。
その方がいってたこと、実は当たってた。。。
これに気づいたとき、私は物凄くびっくりしてしまった。ずっとしっかりしている人だと思っていたから。。
えー、マジかぁー!!ほんとにそう思った。
そのとき頃に色んな自分に対する固定概念がガラガラとたくさん崩れた。
小さいとき(幼少期)おしゃべりだって言われて育ったので、自分はおしゃべりだとばかり思っていたら、今はそういやおしゃべりではない(笑)
中学時代は真面目そうと言われていた。真面目そうだと思っていた外見も高校生の頃にはすでにかわっていて、大学生の頃には変貌を遂げていたみたいだ。だけど自分はまだ真面目そうだと思い込んでいたみたい(笑)茶髪にロン毛だったのに。。。(笑)

まだまだたくさんある。自分が自分のこと一番わかってないんじゃない(笑)
自分自身を縛っているものは、外野ではなく自分自身なのだなぁと。
色々と自分に対する固定概念を壊していくと、今の私にたどり着いた。。
パートナーをイラッとさせるほどの天然ぶり。。天然なので、自覚がないが周りにそう言われる(泣)
「可愛いやろ?」って誤魔化しているが、実は自分にたまに凹む(笑)やばいやろーって。
極度の恥ずかしがり屋で、目立つことが苦手な私だけど、自分の気持ちに素直に行動をおこすと、なぜか目立ってしまう(泣)変わるつもりもないというか、たぶん変えられない(笑)

自分の色んな部分、たとえばウィークポイントを自分自身が認められた瞬間からチャームポイントへと変貌を遂げる。

よくわかんないことを書いてしまったけど、急に思い出した。

体調がいまいちなので、今週は病院へ行くことにした(笑)

昨日の空、一昨日の空。夕方も夜の月も綺麗でした。体調悪いながらも、やっぱり衝動にかられ、空をハンティング!

f:id:moonlightmagic:20161016091824j:plain

f:id:moonlightmagic:20161016091856j:plain

f:id:moonlightmagic:20161016091929j:plain

f:id:moonlightmagic:20161016091959j:plain