読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何故か突然子供たちへ

今年のNo.1の空は何かな?

色んな思い出がありすごく悩むけど、夏に家族でいった市内No.1スポットよりの沈む夕日かな。

ほんとに綺麗だった。太陽が沈んだあとが更に美しい。言葉がでない。一時間以上も同じ場所にたたずんで、夕陽が沈むのを見てた。暇になった家族たちは、ポケモンGoピカチュウをGET!してたといってた(笑)今年らしい(^-^)

 


f:id:moonlightmagic:20161230222007j:image


f:id:moonlightmagic:20161230222034j:image



とても寒かった昨夜、先に眠る人用に少し先に暖房を入れにあがり、お風呂が寒すぎたので、娘ちゃんのお布団を温めておこうかなぁなんて入っていると、案の定少しうとうとしてしまっていて、それを予想して息子くんがあがってきた。息子くんとは幼稚園のときからよく話をする。外でたまったフラストレーションを帰って発散するためか、愚痴も多いけど( ̄▽ ̄;)色んなことを話してくれてるので、安心する。

自称コミュニケーションが得意ではない息子くんが、

「俺は将来結婚せんかも。いや、結婚しても子供は作らんと思う。お母さんみたいに、子供を大切にする自信ないわ」

「そんなん考えるん早すぎちゃうかー。それに、そんなこと考える必要ない思うよ。お母さんは小さいときから小さい子供が大好きやったけど、結婚したから子供がほしいなんて思わんかったよ。やから、息子くんがお腹の中にできたんは、結婚二年目、生まれたんは3年目やん。この人の子供がほしいそう思ったから息子くんができたんよ。それに、親は子供ができたからってすぐ親になる訳じゃないし、一緒に成長しながら親になっていくんよ。子供から学ぶこともいっぱいやしね。お母さんの最大の成長は、お母さんになったことやと思う。おとうさんも、息子くんのときと、娘ちゃんのときは違う。色んな経験したり、温かい時間過ごしたことで、おとうさんになっていくよ。やから、今からそれ考えることちゃうよ(^-^)大丈夫やん」

 

そんな話をなどなどしていた。

 

私たち親子は仲良しだけど、お互いの領域を大切にしているから、過干渉ではないと思う。でも、過保護ではないとは言い切れないかも(^^;   

 

習い事も、部活動も自分のやりたいことを自分のタイミングでいつも飛び込んでいく。誰かとではなく、一人で飛び込んでいく。

不器用だけど、やろうと思ったことは根気強くやり続ける。走るのは市内で一番になった。あれはおかあさんびっくりしすぎて、大笑いしてしまったわ(笑)

娘ちゃんの方は息子くんより安心やな。学校では大人しい方みたいやけど、強い。どこでもやっていけそうや。柔軟性もある、それよりなにより可愛い。天性の人なつっこさと、みんなの気持ちをスマイルにしてくれる力がある!!頑固なとこたまにきずなとこあるけど、それを自分でよくわかってるからええわ(^-^)大丈夫や。

二人ともそう、得意、不得意より、やりたいかやりたくないか。。辛いときもあっても、楽しもうとしている姿は、学校で嫌なことあっても、家は楽しい場所にしたいって思う!!

あぁ、色々あるなぁ。でも、楽しいな、わたし。

 めっちゃ呟いた。これ、遺書の方にも転記しとこ。

 

みんなを温めて生きていきたい。

もっと受け止められる力がほしい。

もっともっと穏やかに優しくなりたい(^-^)

いや、なる。

うわっ、めっちゃはいた、はきだした気がする(笑)はきだしたから、めっちゃ筆が動いたわ。